え!?千葉?「鴨川ホルモー」京都だよね・・・

せっかく、このブログのテンプレートが「鴨川ホルモー」なのに、すっかり記事を書くのを忘れていました。(鴨川ホルモーの記事を書こうと思ってこのテンプレートにしたんですが・・・)



鴨川ホルモーは万城目学(まんじょうめまなぶ)の青春ファンタジー小説を映画化したものだ。もちろん、原作は読んでいない。
渡会 けいじにより漫画化もされ、少年エースからコミックも出版されているようだ。

万城目学の名前も「鴨川ホルモー」の映画化によってはじめて知ることになった。調べてみると、玉木宏主演のテレビドラマの原作「鹿男あをによし」も執筆している。

「鴨川ホルモー」舞台は京都。はじめて聞いたときは、千葉の「鴨川シーワールド」の鴨川だと思った。
「鴨川ホルモー」この不思議なタイトルは「勢い」でつけたのかと思いきや、京都の数ある祭りのひとつのようです。(調べたが、詳細は見つからなかったので本当にあるのかは不明。)
映画の予告編で「ゲロンチョリー」と連呼しているが、これにも意味があったんだね。
これは、オニ語で「潰せ」という意味らしいですね。

出演は「セカチュー」の山田孝之、「キル・ビル」の栗山千明。
GW公開。楽しみです。

参考サイト
映画「鴨川ホルモー」公式サイト

posted by 寺澤キングダム at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117987175
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。