改めてGoogle AdSenseプログラムポリシーを考えてみる

4月30日、「Inside AdSense AdSense 日本版 公式ブログ」にGoogle AdSenseプログラムポリシー改訂のブログが掲載されました。

概要としては
・ページレイアウトが変わり読みやすくなった。
・コンテンツ向け AdSense 及び 検索向け AdSense のポリシーを 1 つにまとめられた。
プログラムポリシー変更点
・Google 商標の不正使用についてプログラム ポリシーに記載された。
・広告をページ上の他のコンテンツと区別がつかないような掲載方法の禁止。
・広告のメール内での表示禁止についての明示。
・他の Google サービスのポリシー遵守についての明示。

こんなところでしょうか。

特に大きく変わったところはないように思いますが、気になった点としては2点。

今までもいわれてきたことですが、「他のコンテンツと区別がつかないような掲載方法」とはどういうことでしょうか。
Inside Adsenseの「AdSense最適化のエッセンス」でも、運営サイトと同系色にしてサイトになじませ違和感のないようにすることを推奨しています。
このあたりに捉え方のさじ加減はなかなか難しいように思います。

もう一点は、「Google 商標の不正使用」についてです。
Inside Adsense: プログラムポリシー改訂のお知らせ」でも改めて言及されていますが、

Google のロゴ、商標、その他 Google ブランドをページのコンテンツや URL で不正に使用することを禁止しています。当該サイトが Google と提携関係にあるとの誤解を招く可能性があるためです。

これはなかなか厳しいですね。
当ブログでは、ITから日常のニュースまでさまざまな題材を取り扱っていく予定ですが(ネタが尽きないためにも)、「TERA the wa.KINGDOM」の名前の由来はあのGigazinが当初「Terazin」というサイト名も考えていたように、テラバイトの「テラ」です。そこには、「Gigazin」の上をいくなんて目標もかがげているのです。
なので、基本はITのニュースやアプリケーションの使い方などを誰にでもわかるような形で(それこそ82歳のおばあちゃんでも)紹介し、「ITをもっと身近に」を合言葉に始めたこともあり、これだけ普及された「グーグル」の各種サービスはひとつのテーマになります。
いままでの記事でもいくつかすでにありますし、カテゴリーも「Google」よりなカテゴリーになっています。

ただ、考えるべき点はあくまで「不正に使用することを禁止」とあるので、「不正」とはなにを持って不正とするのかです。
これは、難しいですが、一番の解決策は「Googleブランド使用許諾」を申請し許諾を得ることです。
これから近日中に、「Googleブランド使用許諾」を申請する予定です。

参考サイト
Inside Adsense - 日本語: プログラムポリシー改訂のお知らせ
Inside Adsense - 日本語: AdSense最適化のエッセンス2:機能的な広告デザイン
GIGAZINEがGoogleブランド使用許諾を得るまでの物語 - GIGAZINE

posted by 寺澤キングダム at 16:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | google | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/118404055
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。