ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

前回、ネットのおサイフ「おさいぽ!」のポイントを使ってムームードメインの支払をする」に続いて今回はムームードメインでドメインを取得してみます
まず、ムームードメインのコントロールパネルからログインします。

ログイン画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

ドメイン一覧から該当ドメインの「ドメイン取得」リンクボタンをクリックします。

ドメイン一覧画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

ドメイン取得から「ドメイン取得」ボタンを押します。

ドメイン取得画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

対象ドメイン情報から「情報の公開」を「弊社の情報を代理公開する」もしくは「お客様の情報を公開する」を選択します。
「お客様の情報を公開する」を選択する場合はレジストリ(WHOISなど)からドメインの登録者情報が誰でも閲覧可能となってしまうので、個人で利用する場合は「弊社の情報を代理公開する」に設定するとよいでしょう。

ドメイン対象ドメイン情報画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

ネームサーバ(DNS)の設定で該当するものを選択します。
今回はどのように運用するか決めていないため「すぐに利用しない」を選択しました。

ネームサーバ(DNS)の設定画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

ドメインを取得します。

ドメイン取得確認画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

これで無事、独自ドメインを取得することができました。
また、DNSサーバーの設定をしていないので「terathewa.com」を検索するとムームードメインの画面が表示されています。

URL確認画面:ムームードメインで簡単に独自ドメインを取得2

ネームサーバーDNS)について


DNSサーバとは、ドメインネームシステム (Domain Name System) サーバーの略で、ネームサーバーとも呼ばれます。
簡単に説明すると、インターネット上のコンピューターが通信をする際にIPアドレスという数字の羅列で通信を行います。IPアドレスのような数字の羅列を人が覚えて利用するのは困難なため、ドメインと呼ばれるアルファベットの文字列を利用します。
このドメインとIPアドレスを変換する住所録のようなものをDNSと呼びます。

参考サイト
おさいぽ! -ネットのおサイフ-
格安ドメイン取得サービス─ムームードメイン
WHOIS情報検索とドメイン名の有効期限管理、契約切れと失効対策 | whois.hansode.org
DNSとは/DNSサーバーの仕組み
ドメイン名のしくみ

posted by 寺澤キングダム at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブサービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119206897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。