Windowsが重い!? メモリ容量を確認する

パソコンが重い原因のひとつにメモリ不足があります。
実際にメモリがどのぐらいあるのかの確認方法を紹介したいと思います。



メモリの確認方法


メモリの確認方法はいくつかあるので紹介します。

システムプロパティからの確認方法
「スタート」メニューから「マイコンピューター」を右クリックして「プロパティ」を開きます。
Windowsが重い!? メモリ容量を確認する

システムプロパティの「全般」タブの項目にある赤枠で囲まれている部分がおおよそのメモリになります。
Windowsが重い!? メモリ容量を確認する

タスクマネージャーから調べる
タスクマネージャーの開き方は、「Shift + Ctrl + Esc」で開くことができます。
タスクマネージャーを開いたら、「パフォーマンス」タブを開きます。
Windowsが重い!? メモリ容量を確認する
物理メモリの合計が実際にパソコンに搭載されているメモリの量です。
KB(キロバイト)表示です。(ちなみに1MB=1,000KBです。)
※パソコンが認識するメモリの量は誤差があります。

DirectX診断ツール「DxDiag」で確認する
WindowsにはDirectX診断ツール「DxDiag」というソフトが入っています。
「DxDiag」での診断方法は、Cドライブの「Windows」フォルダから「System32」フォルダを開き「DxDiag」(ファイルパス:C:\WINDOWS\system32\DxDiag.exe)を実行するか、「スタート」から「ファイル名を指定して実行」から開いてください。
Windowsが重い!? メモリ容量を確認する

Windowsが重い!? メモリ容量を確認する
名前の入力欄に「DxDiag」と入力する。

下図の赤枠内でメモリを確認することができる。
Windowsが重い!? メモリ容量を確認する

posted by 寺澤キングダム at 14:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windowsカスタマイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。